建て替えで仮住まい

仮住まいの期間と費用

room

建て替えやリフォームをするときに、仮住まいとして住む家を探すときには、マンスリーマンションやホテルなどが便利です。

 

checkマンスリーマンションは、入居するときの契約金も安く、1ヶ月から3か月ぐらいの建て替えの仮住まいには向いています。ただ、家具や家電が揃っているので自分の持っている家具などを置く場合には難しくなります。他にも、単身用の間取りが多いので、家族が多い場合は2室借りることになり賃料がかかってきます。

 

checkホテルも建て替えのときに利用出来ますが、一泊の料金が高いので短い期間なら向いています。また、家具や家電を置く場所もないので、他にレンタルコンテナやトランクルームなどをかりる必要があります。建て替えでは3カ月以上かかることもあるので、長い期間には向いてません。

 

check他に、アパートや賃貸マンションを仮住まいにする方法があります。
家族構成や家具、家電などに合わせて大きさや間取りなども選べますし、家賃も安いので、電気などのライフラインを含めても生活コストは抑えることが出来ます
ただ、賃貸となると手数料や敷金、礼金、火災保険料、契約金などが必要なので、敷金や礼金不要な物件や火災保険などは返戻金が戻ってくる物件を探すことが重要です。一般的に2年契約なので、数か月で退去する場合は難しいことがあります。仮住まいとして利用するときには、その事情を説明しておいて短期解約をしたときに違約金などがかからないか確認する必要があります。特に、敷金や礼金が無料になっていると短期解約違約金が設定されていることが多いので、注意が必要です。通常の賃貸でも一年未満の契約はないので、短期の利用でも通常の契約をしてから途中で解約になります。